僕が三浦市議会議員選挙に出る理由......その2

なぜ、三浦市なのか?

2019年の春に三浦市初声町和田に移住してきた僕が、なぜ三浦市議会銀選挙に立候補したのか?なんで三浦市?

 

だって三浦が好きなんだもん(^o^)

冗談ではなく、三浦が好きです。

三浦半島には、高度経済成長から留まることなく成長し、人口と経済が過密化した京浜地区にはないものがあるんです。

僕は50年、東京で生まれ育ちました。東京も好きですよ。でも、東京、京浜地区が失ったものが、ここにあるのです。

 

15年くらい前から、東京大田区から、知的障害のある人と一緒に三浦半島に遊びにきていました。

僕はガイドヘルパーと言う、障害者と一緒に外出をする仕事をしているのです。

 

情報が多く、刺激の強い東京は、ストレスフルな町です。

知的障害のある人と一緒に土日の外出で、京急線で三浦半島に遊びにくると、彼らも、僕も、本当にリラックスして休日を過ごすことができまし。

畑を歩く、海辺を歩く、広い空、気持ちのいい風、フルタイム開放感のある環境は、東京だけではなく、京浜地区全体でも、貴重なエリアなのです。

 

ここで障害のある人たちと一緒に、色んな活動ができたらいいなあって思い、引っ越してきたのです。

三浦が好きになったから引っ越してきたのです。

 

そして、僕の障害者支援やNPO活動での経験を三浦市のために活かしていきたいと、素直に思いました。

 


三浦市議会議員選挙2019春に立候補し、投票数231票で最下位落選した中村和利。

なぜ、立候補したのか? その政策は? 中村和利って、どんなやつなんだ?

気になる方はクリックしてね(^o^) 

特集:三浦市議会議員選挙2019春