「NPO法人運営キャリアを活かした発想力と行動力」

2010年に東京大田区でNPO法人を立ち上げ、理事長をやってきています。

障害者支援を中心に地域をインクルーシブにする活動をガイドヘルプ事業を軸に展開しています。

 

NPO法人の運営は、営利事業体とは違い、資金集めが難しい面があり、アイデアと行動が勝負なのです。

 

専門家が独占しがちな障害者支援と若者支援を結びつけ、障害者支援の経験のないニート・フリーターと言われる若者をガイドヘルパーとして育成してきました。そのことにより、障害者と関わりのある人を地域に輩出してきています。

 

また、行政ができないでいる介護人材不足にも取り組み、年6回ものガイドヘルパー養成研修を500円~1000円と言った安価で実施してきています。

 

地域のニーズと向き合い、ニーズ解決のためのアイデアを実行することがNPO法人運営では必須となります。

そして、それは事業として成立し、持続しなくては意味がありません。

 

 


三浦市議会議員選挙2019春に立候補し、投票数231票で最下位落選した中村和利。

なぜ、立候補したのか? その政策は? 中村和利って、どんなやつなんだ?

気になる方はクリックしてね(^o^) 

特集:三浦市議会議員選挙2019春